ザトウクジラすり鉢メジロ扇池ダイビング風景

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

小笠原ダイビング事情2 『ウラシマン』

2008.03.09(22:17)
今回の小笠原情報は、
小笠原でお世話になったダイビングサービス、
ウラシマンさんの紹介です。


P2110131.jpg



ウラシマンのオーナーガイド森下さんは、
なんと昨年和名が提唱されたモリシタダテハゼの森下さんです。

島の老舗『KAIZIN』さんで修行をされたベテランガイドさんで、
もう10年以上島に住んでらっしゃり、
伊豆にもたくさんウラシマンを利用しているショップさんがあります。

他に副船長兼ガイドの高野さんや、
若い女性スタッフの佐々木さんがスタッフにいて、
活気があって賑やかなサービスです。


P2160319.jpg



船はクルーザータイプで大きいので、
船尾からラダーで4~5人同時にエントリー・エキジットできます。
島のサービスの中でも大きい船だと思います。
上部デッキで日光浴も気持ちよさそうですね^^

デッキ下部に風が入ってこない部屋がありますので、
寒い季節も快適です。シャワーは船の前後に1機ずつついています。

昼食はダイビングの合間に穏やかな島影に停泊して取ることが多いそうです。
奥さんの手作りのお弁当は、
ほっかほっかでとってもおいしかったです^^




見せていただいた魚
ツバメウオの群れ・カシワハナダイの群れ・
一軒家ほどもあるハマサンゴ・ニラミハナダイ・
ヘルフリッチ・アケボノハゼ・オリヅルエビ・
ミナミハンドウイルカ(ダイビング中に!)
・コガネヤッコ・巨大オオモンカエルアンコウ・
ミズタマヤッコなどなど




⇒小笠原ダイビング事情2 『ウラシマン』の続きを読む


小笠原のダイビング事情1

2008.03.09(20:56)
小笠原で一番オススメのアクティビティは、
なんと言ってもダイビングです(^o^)


P2150077a.jpg



ボニンブルーと言われる抜群の透明度、
高い水温、ミクロネシア系のカラフルなトロピカルフィッシュ、
きれいなサンゴやイルカにクジラともう何でもありです。
小笠原で潜らないとぜっっっったいに損をしますよ!!(笑)

⇒小笠原のダイビング事情1の続きを読む


小笠原に到着したら

2008.03.09(20:34)
P2070062.jpg


小笠原に到着する前には船内アナウンスでお知らせがあります。
慌てなくていいように、下船の際に必要な乗船券を用意しておきましょう。
利用した毛布をたたんだり、ゴミをきれいに片付けておくとスマートです。

おがさわら丸が二見港に接岸すると、順番に下船が始まります。
船から出たらまず宿泊先やダイビング業者のお出迎えの人を探しましょう。
プラカードのような看板を掲げて、
下船・乗船の邪魔にならないように
ちょっと離れたところで待っていてくれるはずです。

首尾良く合流できたらいよいよ小笠原滞在のスタートです。
現地の方の指示や現地のルールに従って、
楽しい小笠原旅行を楽しんでください!


小笠原ダイビング旅行情報 クジラとイルカの楽園・初めての小笠原 全記事一覧表示

おがさわら丸の朝日・夕日

2008.03.03(20:12)
P2070111.jpg

             『日の出を今か今かと待つ人たち』


おがさわら丸での船旅のハイライトといえば、
運がよくないと小笠原への往復の際に1回ずつさえも見ることができない
この朝日と夕日じゃないでしょうか。

天候と幸運にさえ恵まれれば、
早起きの眠気も吹っ飛ぶようなとても美しい日の出と、
一日に感謝したくなるような感動的な日の入りを見ることができるでしょう。


⇒おがさわら丸の朝日・夕日の続きを読む


前ページ | ホームへ | 次ページ
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

saysea

Author:saysea
西伊豆安良里の現地ガイドです。
オリンパスのE-410とニコンのF4を使って、日本各地の陸上の風景や・水中写真を撮っています。

水中写真ガイド
水中写真ガイド

最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。