ザトウクジラすり鉢メジロ扇池ダイビング風景

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

おがさわら丸での過ごし方 ~船酔いに弱い人編~

2008.02.29(20:57)
おがさわら丸の25時間30分の船旅は、
船に弱く船酔いする人にとっては永遠とも思える所要時間のようです。

25時間と聞いただけでもう

「あ~、無理」

という人もいるでしょう。
そうした方が多少なりとも楽に小笠原に行けるように、
乗船中のアドバイスを書いてみます。


①まず、乗船30分前に酔い止めを飲んでおきましょう。

酔い止めの中には効果が25時間保たないのもあるでしょうから、
効き目の持続時間に注意です。
持ってくるのを忘れた方は、
船内売店に800円ぐらいで6錠入りが売っています。


②本やパソコンには注意

船に弱い方はそもそもそういう気にもならないでしょうが、
下を向いているとけっこうキます。
自分は本ぐらいではどうもならないのですが、
画像処理をパソコンで始めたとたんに気分が悪くなりました。

見るならたまに船内で放送される映画にしましょう。


P2060278.jpg



それでは、もしどうにも我慢ができなくなったらどうしたらいいでしょうか?

2等船室にはいたるところにこのタライが置いてあります。
初めてこのタライを見たときは「いったい何に使うのだろう?」
と不思議に思いました。

但し書きなどはないのですが、
これは緊急用だと考えて間違いないと思います。
船室の絨毯を台無しにするかどうかは、
その後の航海が快適かどうかにもかなり重要に関わってきそうですもんね。


P2070003.jpg



また、船内の手すりには、タライ同様にいたるところに
このビニール袋が下げてあります。
これもきっと緊急用として準備してあるわけですね~。


ちょっと気分が悪い程度なら、
デッキに出て外の新鮮な空気を吸ってみるのも有効です。

ただ、風向きによっては船尾に排気ガスが流れている場合があります。
吸い込んでしまうと気分の悪さが悪化するので、
船尾に行く場合は注意が必要です。


結局、万人に一番効果がありそうなのは
③酔ったら(酔う前に)ひたすら寝る
ことでしょうか。

気分が悪くなったらひたすら体を横にして寝ておきましょう。
寝たり起きたりを何度か繰り返して、うとうとしているうちに小笠原に着きます。

仰向け、うつぶせなどのオススメの体勢は、
進行方向に足を向けて横向きになって寝るのが楽だと思います。


「船に酔う前に酒に酔って寝てしまえ」

という方もけっこういます。
荒っぽいかもしれませんが、経験に基づいた見事な対処法ですよね^^
船内の自販機でビールが売ってますんで、飲める方はぜひお試しあれ。
スポンサーサイト


<<おがさわら丸船内風景1 カウンターとシャワー室 | ホームへ | おがさわら丸での過ごし方 ~船酔いに強い人編1~>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saysea1.blog70.fc2.com/tb.php/6-8e21f631
| ホームへ |
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

saysea

Author:saysea
西伊豆安良里の現地ガイドです。
オリンパスのE-410とニコンのF4を使って、日本各地の陸上の風景や・水中写真を撮っています。

水中写真ガイド
水中写真ガイド

最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。