ザトウクジラすり鉢メジロ扇池ダイビング風景

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

おがさわら丸での過ごし方 ~船酔いに強い人編1~

2008.02.28(00:37)
おがさわら丸での到着までの所要時間は、
およそ片道25時間30分。


船酔いに強い人にとっては、
これは日頃の忙しい毎日から解放され、
またとない有意義な時間になることでしょう。

日常生活で買い置きしてたまっていた本を読んでもいいし、
DSやPSPなどでヒマを潰すのもいいでしょう。
とてもぜいたくな一時といえます。

もし旅に道連れがいれば、
トランプやUNOなどが役に立ちそうです。
麻雀は場所を取るので微妙かもしれませんね。


P2060005.jpg



船内イベントでは、
冬~春の間は15時頃からホエールウォッチング協会の方に、
簡単なホエールウォッチングのレクチャーをしていただけます。

レストランを利用して小一時間ほど上映会が開催されます。
定員いっぱいになりがちなので、お早めにレストランで待っていましょう。


また、乗船後に受付にて予約していれば、
おがさわら丸の職員さんに案内してもらっての船内探検が
翌日9:00頃からできますので、こちらにも参加してもいいでしょう。


P2070006.jpg



まずはブリッジに案内されます。
天気にもよりますが、とても明るくて見晴らしがいいですね。
帽子が置いてありますんでぜひかぶってみてください。


P2070041.jpg




機関室では再三再四、
機械に触らないように指導されます。
けっこう揺れるときもあるので手すりに掴まりましょう。


P2070027.jpg



エンジンルームはものすごく暑いです!!
Tシャツで充分汗がかけます。
ここはあまり長居できません^^;


スポンサーサイト


<<おがさわら丸での過ごし方 ~船酔いに弱い人編~ | ホームへ | 羽田空港を利用して小笠原へ>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saysea1.blog70.fc2.com/tb.php/5-6911808a
| ホームへ |
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

saysea

Author:saysea
西伊豆安良里の現地ガイドです。
オリンパスのE-410とニコンのF4を使って、日本各地の陸上の風景や・水中写真を撮っています。

水中写真ガイド
水中写真ガイド

最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。