ザトウクジラすり鉢メジロ扇池ダイビング風景

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

イルカと泳ぐ ドルフィンスイム

2008.03.27(20:28)
P2090251.jpg


小笠原といえばイルカと一緒に泳ぐことができるドルフィンスイムです!
真っ青なボニンブルーの海でイルカと一緒に泳げるなんて、
小笠原旅行の前に想像しただけでとってもわくわくすることですよね^^

数ある小笠原のアクティビティの中でも、
観光旅行客に絶対におすすめの楽しいアクティビティです^^

①イルカに絶対に触らないこと
②水に入るときは音を立ててイルカを驚かさないよう静かに入る

などの現地のイルカガイドさんの指示に従ってドルフィンスイムを楽しんでください。


小笠原でドルフィンスイムを開催しているお店は、
大手では父島タクシー、パパヤマリンスポーツ、ピンクドルフィンなどがあります。

荷物が多くなりがちな旅行者にとって、とってもありがたいことに、
たいていのどこのお店でも、ウェットスーツやフィン、ブーツ、
マスク&スノーケル、ウエイトなどの基本セットはレンタルで借りることが可能です。
もともと料金に含まれているところもあります。

父島近辺ツアーなら一日で8,000円前後、
半日で4~5,000円程度です。
船に乗ってクルーズしながらの優雅な一時を楽しむことができます。


また、ダイビングサービスでも、
ポイントまでの通り道でイルカが出た場合、
ドルフィンスイムをやらせてもらえるお店もあります。


パパヤ



こちらはパパヤマリンスポーツさん。
オーナーの田中さんは、ダイバー憧れのケータ列島へも、
もう1,500回以上も行っているのだそうで、
この道25年の老舗のお店です。

イルカやクジラを求めてやってきた観光旅行客を、
大きなミスパパヤ号とパパヤJr号でばっちりサポートしてくれます。
店舗内に宿泊施設もあるので、民宿としての機能も完備です。

スケジュールを決めてドルフィンスイムツアーを催行しているので、
天候・海況などに当日のツアーが左右されやすい面もあるようですが、
ツアー人数も集まり、ツアー自体は開催されやすいようです。
人数も揃うのでいろんな人と知り合うこともできますよ^^
そういうわけで管理人おすすめのお店です。


イルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムの正否は、
まさにイルカさんのご機嫌次第でもあります(^o^)

機嫌がいいときは向こうから遊びに来てくれたり、
こちらが絡むのを待っててくれたりもします♪

反対にイルカが遊ぶ気のない時はというと、
つれなくす~っと深みへと潜ってしまい、
ほとんど絡むことはできません。


一般的な傾向として言われているのは・・・、
午前中(朝イチ)はイルカの活性が高くて遊んでくれやすい。

逆に午後遅くはお腹もいっぱい。
しかも他のお店にもドルフィンスイムする人がいるため、
遊び心のほうもお腹いっぱいということでつれないことが多いそうです。

スノーケリングで水中に潜ることができる人ならば、
イルカも興味を持ってくれることが多いでしょう。

ドルフィンスイムの時はどきどきと興奮している状態なので、
ドルフィンスイムに慣れてない人は、
普段の万全の状態から見て1~2割程度しか
息がもたないと思った方がいいかもしれません。

管理人もベストコンディション時には3分以上息を止めることができますが、
ドルフィンスイムでは30秒程度が精一杯です^^;

このあいだにす~っと5~10m程度潜って、
イルカと目を合わせながら遊ぶことができると、
とっても至福の一時を味わうことができますよ^^

潜れない人も、だからといってイルカと絡むことを諦める必要はありません。
潜れる人に注目していると、イルカがその人に寄ってくることがあるので、
その人の近くにいるようにするとかなりイルカと絡める確率が高くなるでしょうね。


小笠原の素晴らしいドルフィンスイム。
いつまでもイルカと一緒に泳げる環境が続くといいなと思います。
みなさんも楽しんできてください(^o^)
スポンサーサイト


| ホームへ | 小笠原のおすすめの民宿・旅館 宿泊事情>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saysea1.blog70.fc2.com/tb.php/17-d045a6b4
| ホームへ |
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

saysea

Author:saysea
西伊豆安良里の現地ガイドです。
オリンパスのE-410とニコンのF4を使って、日本各地の陸上の風景や・水中写真を撮っています。

水中写真ガイド
水中写真ガイド

最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。